Menu

交換を依頼する

作業員

ショップにより違う

冬の到来に向けた準備として行われるスタッドレスタイヤ交換は、ドライバーのマナーともいえます。雪道に慣れていないドライバーであっても慣れているドライバーであっても、事故を未然に防ぐための手段としては必要不可欠な事です。これぐらいの雪ならばノーマルタイヤでも大丈夫というおごりから事故は起こるのです。タイヤ交換は、自分自身で行うことも可能となっていますが知識も必要なために慣れた人や知識を持った人が行うべきです。タイヤのボルトは自動車ごとに定められた規定の力で締め付けを行う必要があるために、専用の工具も必要になります。また、ジャッキアップする際には、やはり知識が必要です。このようなことからもタイヤ交換をショップに持ち込み交換する人も多く見られています。自動車ディーラーにおいては、ほとんどのディーラーで持ち込みのタイヤ交換を行うことが出来ます。また、整備工場などでも可能となっていますが、それぞれで工賃が異なることを申し添えておきます。持ち込みの場合では、自分自身でタイヤを持参しなければならないために、軽自動車などスペースがない場合は、少し苦労してしまうかもしれません。同様にタイヤ交換が終了した際には、自宅に持ち込みしなければなりません。最近では、ショップで持ち込んだタイヤを保管してくれるサービスもありますので、活用することで便利で労力を減らすことが出来ます。タイヤ交換の持ち込み交換サービスは、ほとんどのショップで実施しているサービスとなっています。